top of page

【後編】春特有の汚れに対するおすすめ洗車方法【花粉編】


こんばんは、CARPRO JAPAN公式です。



今回のブログは、昨日の続きである花粉汚れを落とす方法の後編です!



後編となる今回は花粉汚れをLiftを使って綺麗にする方法をご紹介します。



まずはじめに、Dab Dabを使って、ボディに付着した大きな汚れを優しく丁寧に取り除いていきます。

はじめからタオルやスポンジなどを使うと、車体にこびりついた花粉汚れによって、ボディを傷つけてしまうので、Dab Dabを使って汚れを優しく浮かして落とすことを推奨します。



大きな汚れを落とした後は、洗浄力の高いカーシャンプーを使って、しっかりと洗浄しましょう。



放置された花粉は、雨などの水分を含むことによって殻が破れ、ペクチンという酸性物質を排出し、酸性の液体になります。



さらにその状態から気温が上がると、その酸性の液体の分子が活性化し、塗装面を侵食してしまいます。



そのため、この時期はなるべく雨が降るたびに、それが難しい場合は雨が降る前にLiftなどのアルカリ性ケミカルを使用して洗車を行うことをオススメします。




Liftは、プレウォッシュ特化型アルカリフォームシャンプーで、フォームランスで使用することで車体にぴったりと付着し、汚れを分解することができます。



花粉汚れに対しては、まずプレウォッシュとしてLiftを使用して、ボディ全体に馴染ませ、ボディの汚れを分解した後、高温・高圧の水で洗い流しましょう。


さらにその後、再度をボディ全体に吹きかけ、手洗いを行います。


その際に、洗浄面を乾燥させないように、注意してください。



Liftは他のアルカリ性シャンプーに比べ、潤滑性に優れているので、手洗いにも使用することが可能です!



Bug-Outでも代用可






※動画のように、液溜まりによる焼きつきやムラを防ぐために下から上にスプレーすることを推奨します。



簡単ではありますが、花粉汚れの除去方法をご紹介させていただきました!



花粉汚れの除去に限りませんが、洗浄力UPのためには、


①水やケミカルの温度(10℃UPで洗浄力2倍)

②ケミカルの希釈率

③スプレーから洗い流すまでボディに馴染ませる時間

④アクセサリーを用いてケミカルをしっかり馴染ませること


以上の4点が重要になってきますので、そちらも念頭に置いて日々の洗車を行なっていただくと、より高い効果が得られることかと思います。




ご不明な点やもっと詳しく聞きたいという方は是非、お問い合わせください。




明日はLiftをさらに深掘りしてご紹介させていただきますので、そちらも是非ご覧ください!




CARPRO JAPAN公式

bottom of page