top of page

【黄砂対策】Descaleを活用して確実に汚れを除去しましょう!

こんにちは。

CARPRO JAPAN公式です。


春という季節は、花粉だけでなく、車の天敵の一つである黄砂が飛び交う季節でもあります。黄砂はその名の通り黄色で、一見花粉と似ていますが、黄砂の粒子の成分の半分以上が二酸化ケイ素(SiO2)で、硬い鉱物が中心となっているため、指で触れてみると花粉に比べてザラザラしています。

そのため、無理に汚れを落とそうとはじめからスポンジやタオルでゴシゴシと磨くと、洗車傷になってしまいますし、花粉汚れと同じようにアルカリ性ケミカルで洗浄しても満足に落とすことはできません。


ということで今回は、そんな時におすすめの酸性ケミカルであるDescaleをご紹介します。



<商品紹介>


Descaleは、コーティングされた車やコーティングされていない車からこれらの頑固なミネラルを取り除くために開発されました。

セラミックコーティングの光沢を低下させる蓄積されたミネラル汚れを分解し、セラミックコーティングの滑らかさを回復させます。




<黄砂対策として>

車体に付着した黄砂を落とすには、プレウォッシュのスノーフォームと高圧洗浄機を組み合わせて洗浄するのが最も効果的です。


※はじめからスポンジやタオルで落とそうとすると、車体に付着した黄砂によって洗車傷になってしまう恐れがありますので、ご注意ください。


スノーフォームランスに1:10に希釈したDescaleを充填し、乾いた状態のボディに下から上に噴射し、洗浄面が乾いてしまう前に、高圧洗浄機で下から上へと洗い流しましょう。


※高圧洗浄機が車の表面全体にコンタクトするように噴出してください。


その後、バケツ洗浄やスプレー洗浄を行います。ボンネットや車内、側面といったように汚れが目立つ部分ごとに分け、Dab Dab、毛足の短いマイクロファイバータオル、スポンジなどを使いながら丁寧に洗浄し、水で洗い流すという手順で進めていきましょう。


※汚れが目立つ場合は、この工程を何度か繰り返します。


車を十分に乾かしたら、Eraserを使って油分を除去し、Reloadか1:20に希釈したECH2Oを塗布することで、花粉や黄砂が付着しにくくなるので、この時期は特にオススメです!


最後までご覧いただき有り難うございました!

 

施工/販売店ご紹介ページは下記のバナーをクリック🔘



業者様ご案内ページは下記のバナーをクリック🔘

弊社担当者より後日お返事を差し上げる形となります。


CARPRO JAPAN公式

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page