top of page

【後編】Spotless2.0で車を綺麗に維持する方法


こんばんは、CARPRO JAPAN公式です。



昨日の記事では、イオンデポジットについての解説をさせていただきましたが、


後編となる本日は、Spotless 2.0の商品概要とイオンデポジットの除去方法をご紹介いたします!



Spotless 2.0は車両に付着した頑固なイオンデポジットを除去するために開発されたアイテムです!



イオンデポジットとはミネラルなどの不純物が車両表面に付き、白いリング状として残っている状態で、一度ボディに付着すると、しつこく塗装面に張り付いてしまい、そのまま放置してしまうと、内部に侵食し、最悪の場合、クレーターの発生に繋がります。



それを防ぐために、Spotless 2.0による洗浄が重要となってきますので、その方法をご紹介させていただきます。



①まずはじめに、カーシャンプーを使ってボディ全体の汚れを落とした状態にしましょう。


理由としては、マイクロファイバーでの拭き取りの際に、ボディについている汚れによって塗装面を傷つけないため、また車の熱を冷ますため、ということが挙げられます。



後者の車の熱を冷ますためについては、直射日光に当たらないようにするなどの工夫も必要となります。



Spotless 2.0をマイクロファイバータオルに吹きかけ、イオンデポジットが気になる箇所に馴染ませます。



Spotless 2.0をボディに直接スプレーすることも可能ですが、付属のフォームスプレーが霧状に発射されるため、風に流されてしまう場合がありますので、マイクロファイバータオルにスプレーすることを推奨しております。



③馴染ませた後、2分以内に②の馴染ませる作業を再度行い、その後2分以内に水で洗い流します。



※2分以内はあくまで乾燥しすぎないようにするための目安です。水で洗い流す作業が早すぎると、希釈され効果が薄くなってしまうことがあるため、天気や気温によって状態を確認することをオススメします。



【Spotless2.0 使用動画】



洗浄後は、下の画像のように綺麗になります!


        未使用(左側) 使用済み(右側)



※エンブレムに使用する場合は、傷ついてしまう恐れがあるので、綿棒やクロスを用いて目立たない部分に試すことを推奨いたします。




Spotless 2.0はコーティング済みの車両にも使用可能です!



※撥水効果が弱まる可能性があるため、Spotless 2.0での洗浄後にReloadEraserを塗布することを推奨しております。









またpolishing padを用いることで、ガラス部分にも使用できるので、是非お試しください!




以上がSpotless 2.0を活用した洗浄方法でございます。






明日からは花粉対策のブログを掲載予定ですので、お楽しみに!




CARPRO JAPAN公式

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page