【後編】CQUARTZ Liteの施工方法


こんばんは、CARPRO JAPAN公式です。


今回のブログは前回に引き続き、CQUARTZ Liteのご紹介でございます。



後編となる本日はCARPRO JAPANの推奨するCQUARTZ Liteを施工方法を解説させていただきます!




CQUARTZ Liteは、車体のあらゆる表面に対して簡単に施工可能な万能コーティング剤です!



〈施工方法〉


まず施工に取り掛かる前に


・塗布する表面のクリーニングと脱脂を行っていること(可能であればポリッシングも) ・塗布後、直射日光や雨、風に当たらず、6時間以上乾燥できる場所であること を確認しましょう。



準備ができたら、CQUARTZ Liteを付属のマイクロファイバーアプリケーターに10滴ほど垂らし、50cm四方に区切って塗り広げていきます。

この時、網目状に交差しながら塗布をしなくても均一に塗ることができます。


その後、すぐに余分なコーティングを付属のマイクロファイバータオルで拭き取ります。


拭き取ったらCQUARTZ Liteを5滴ほど追加して次の50cm四方の区画に取り掛かりましょう。


これらを繰り返していきます。 ※付属のマイクロファイバータオルとは別のものを用意して、パネルに塗り終えるごとに、そのパネルと隣接するパネルとを拭いてから次のパネルに取り掛かりましょう。

塗布後は濡れないように注意しながら、最低6時間は乾燥させましょう。 ※塗布から12時間経過後に、Reloadを施工すると塗布した表面がより滑らかに仕上がるのでオススメです。

CQUARTZ Liteは、CARPROのコーティング剤の中でも簡単に施工することができるので、ディテイラーの方にはもちろん、一般ユーザーの方にもおすすめの製品でございます!



今月のマンスリーセール対象商品のReloadと合わせて是非ご購入いただければ幸いです。





本日もご覧いただきありがとうございました。


CARPRO JAPAN公式

最新記事

すべて表示