top of page

【入門編】プレウォッシュとコンタクトウォッシュ

こんばんは、CARPRO JAPAN公式です。


本日のブログではプレウォッシュコンタクトウォッシュについて、ご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。


プレウォッシュ


プレウォッシュのコンセプトは、コンタクトウォッシュの前に車両からできるだけ多くの汚染を取り除き、車両の塗装面を傷つけないようにすることです。これは、車両が研磨され、ワックスが施工されているか、セラミックコーティングされている場合に特に当てはまります。プレウォッシュの効果を大幅に高めるものについては、以下の4つの重要な要素を確認してください。


CARPROアイテムを使用する際には、プレウォッシュにいくつかのオプションがあります。


虫の汚れと道路の汚れにはバグアウト

花粉などの有機ベースの汚染にはリフト

黄砂などのミネラルベースの汚染にはスケール除去

鉄粉による汚染にはIronXスノーソープ

道路の汚れと鉄粉除去の両方にはTriX


また、ケミカルは下からスプレーする必要があります。


プレウォッシュに影響を与えるもの

1.ケミカルアイテム、塗装面、水の温度。

2.滞留時間-化学物質が表面に滞留する時間(乾燥せずに)

3.高圧洗浄機などの機械的エネルギー

4.化学薬品の希釈率-スノーフォームランスを使用している場合は、パネル接触率(Panelインパクト率)を計算すると効果的です。



コンタクトウォッシュ


プレウォッシュで汚染物質のほとんどが除去されたら、コンタクトウォッシュでイオン結合した汚染物質を除去します。


繰り返しになりますが、車両が研磨され、ワックスがけまたはコーティングされている場合は、CARPRODabDabまたはWoolWashMittによる穏やかなコンタクトウォッシュから始める必要があります。


ボディ下部には汚れが多くついているため、まずは車両の上部から始めて、下に向かって行います。


車両の後部と膝下の部分は最後に洗うか、別の洗浄媒体で洗うことをお勧めします。これらの箇所は最も汚染されているので、同じウォッシュミット等を使用した際には、汚れが混ざってしまうおそれがあります。


2バケット洗浄法(可能であればグリットガードを使用)を使用し、すべてのパネル洗浄の後に洗浄媒体をすすぎます。バケツからパネルにできるだけ多くの水とシャンプーを持っていくことも重要です。


これにより、シャンプーの潤滑成分が追加され、塗料の損傷を防ぐことができます。


コンタクトウォッシュには、リセット、スケール除去、リフト、IronXスノーソープ、HydrO²フォームなど、CARPROからいくつかの選択肢があります。


最初のコンタクトウォッシュの後、MFまたはスポンジを使用して、鉄粉除去やウォータースポットなどの細部洗浄にさらに集中できます。


DHYDRATE タオルと、CARPROがラインナップするいくつかのドライングアイテムの1つを使用して、車両を完全に乾燥させることを忘れないでください。


次回更新予定のブログでは、価格改定についてご紹介いたしますので、是非ご覧ください。

本日もご覧いただきありがとうございました。



CARPRO JAPAN公式

bottom of page